2019年12月17日ノバセラ株式会社が東京都が主催するX-HUB TOKYO Bach2(ヘルスケアBatch)に採択されました。

X-HUB TOKYOとは、東京都が主催する東京から世界を目指す起業家、世界のイノベーションエコシステムの関係者が集うプラットフォームです。
X-HUB TOKYOでは、世界市場を目指す起業家に対する情報提供、東京発グローバルスタートアップとなるポテンシャルのある起業家に対するグローバル市場へのアクセスの機会を提供します。
このたび当社がこのプログラムに採択されました。事業内容はシャツ型ウエラブル心電計及び心電図などのデータ収集をオンラインで実施し、ステント留置した患者様の再狭窄が起こる予兆を医療Big Data解析から突き止めるものです。
スポンサーはボストンサイエンティフィック社(https://www.bostonscientific.com/en-US/Home.html)は、「インターベンション」と呼ばれる低侵襲治療法(身体への負担が少ない治療法)に特化した、世界最大手の医療機器メーカーです。
今後3か月間で英語でのプレゼンテーションスキルをニュウーヨーク大学からトレーニングを受け、事業計画のブラッシュアップをX-hub Tokyoのメンターから受けて、最終的にはボストンサイエンティフィック社に対して英語にてピッチを行い事業化のためのフィードバックを受けます。