CRO事業

1.地域包括ケアシステムのリアルワールドデータベースの構築

リアルワールドデータとは、電子カルテ上にある実診療データです。このようなデータを膨大な量を集めて、ビッグデータ解析を行うと、使用されている医薬品の安全性データやどのように使用すると患者にとって良いのかという事が分かります。このような報告書は、製薬会社にとっては、販売戦略上なくてはならないものとなるでしょう。

 

弊社では、東京大学大学院情報理工学系研究科の橋田教授のPLR(Personal Life Repository:生活録)の概念を用い、診療データを個人が自分自身で安全に管理して提供先を選択できるようにするべく活動しています。(個人ごとに分散して管理するデータを、集めないビッグデータと呼びます。)

2025年には約800万人いる団塊の世代が75才(後期高齢者)を迎えます。そうなりますとこれまでのような医療システムでは効率の良い医療は実施困難です。このような事を予測して、集めないビッグデータを利活用することにより、様々なビジネス展開をしていきます。

 

2.薬事コンサルティング、Global 治験に関わるモニタリング、データマネージメント業務

日本の再生医療業界においては、世界で最速で再生医療等製品を開発できるインフラが整ってきました。海外のバイオベンチャーからも日本市場が大変注目されていますが、日本市場にビジネス展開するうえでは、薬機法の理解が重要です。

弊社が最初の取っ掛かりとなるPMDA相談を行う事により、海外のバイオベンチャーが、日本市場でビジネスをする事をサポートします。国内外ノバイオヴェンチャーに対してヤクジコンサルティングサービスを提供致します。

また、治験国内管理人業務並びに承認申請資料作成サービスも承ります。

海外CROと提携して、Global治験のうち日本でのモニタリング業務を国内CROと業務提携してサービスを提供いたします。

さらに国内における治験または臨床研究におけるデータマネージメント業務を国内のCROと提携してサービスを提供いたします。